ばるたそ

itエンジニアの書評ブログ

日々の分類は仕事・余暇・休暇の3つであることを提唱する

こんにちは。

 

社会人になると、仕事があって休日を迎えてリフレッシュしてまた仕事があって…

という繰り返しになると思います。

でも休日の日も友人と遊んだり、平日にできなかったことをこなしたり…何かした行動をしていると思います。

でもこんなことをしていると…

 

エネルギーがいくらあっても足りないんじゃないか!?

 

平日は仕事、休日は遊んだり趣味に取り組んだり…いつ休むんでしょうか。

これは多分

 

休日に余暇と休暇の2つの意味が混じっているから

 

こういう考え方になってしまっているのかなあと思います。

ここでいう余暇と休暇は

余暇:業務外で自分のやりたいこと、他人と交流する時間

休暇:自分の体と頭を休める時間

と定義します。

 

おそらく人間は無意識に余暇と休暇を取っているはずなのです。

「土曜日めっちゃ遊んだから日曜日は家でゆっくり休もう」

というのも余暇と休暇の2つを取っているのです。

 

結局何が言いたいかというと…

 

たまにはゆっくり休もう!

バリバリ働いている方もたまには休暇取ってみてね

という話でした。自分もバリバリ働いて、休む時は休む日々を送りたいと思います。

 

では~