ばるたそ

随想7割以上のぶろぐ 他にit アニメ 音楽 などいろいろ

合唱で音取りをしているときの感覚

こんにちは。

 

自分は合唱を大学生から始めているのですが

それまでの音楽経験は皆無でした。

そのせいもあってか、「音取り」というものに苦手意識を持った時期があります。

 

音取りというのは、楽譜に書かれている音符通りに

自分が歌えるようにすることです。

中学校の合唱練習で、ピアノが弾ける人の周りに集まって

みんなで一生懸命歌おうとする練習をやった方もいると思います。

あれが音取りですね。

 

音取りをしている最中は、楽譜通りに歌を歌おうとするのですが

ここで個人の経験の差が顕著に出てきます。

 

ピアノなどの楽器を演奏したことのある人は

音の幅、つまり音程の感覚がかなり正しいものとなっています。

こういった人は、初めて楽譜を見て歌い始めても

ある程度正しい音程で歌えるようになっています。

 

しかし、楽器演奏などの経験がない人は

歌い始めると、楽譜の音程からかなり逸脱した

メロディを歌ってしまいがちです。

 

合唱の活動に参加するようになってから、こんな言葉を耳にしました。

「音程は聞いた音の量によって養われるものである」

 

これを聞いたときは至極単純なものだなあという感想を持ちました。

 

そして以下のようにも教わりました。

 

音程を取るために必要なものは「音感」であり、

それは「音の感覚」という意味である。

頭の中でロジカルに考えても音程はイメージできない。

なぜなら、元々人間が持っている「五感」と同じようなものなのだから

人は感じたままにしか音をイメージすることは出来ない…

 

音は元々の自分の頭からイメージすることは出来ない。

今まで聴いてきた音からイメージするのだ

と、これまで学んできたことを思い出して、出している結論です。

 

すばらしい演奏を数多く聞いている人は

すばらしい音のイメージもたやすい。

 

平凡な演奏しか聞いていない人は

平凡な音しか表現できない。

 

当たり前と言えば当たり前だなあと思いました。

周りから受ける影響は合唱でも大きな存在になっているのだなあと

改めて感じています。

 

合唱で音取りをしているときの感覚は

「今まで聴いたことのある音から最適なものを探す作業」

といえるのではないかと思います。

いい演奏をするには、

いい演奏を聴かなければならない。

それに尽きると思います。

 

今年参加したTokyo Cantatでも、海外から来てくださった講師陣の

一流の指導・指揮を見ることが出来ました。

こういった風景を見るだけでも

知らず知らずに合唱の経験は積まれていくのではないか

と思っています。

 

これからも精進あるのみです。

 

では~

 

 

アイドルマスターのアニメを一気見した

こんにちは。

 

皆さんはアイドルマスターというゲームをご存知でしょうか?

idolmaster.jp

 

アイドルマスターというものは知っていたのですが

存在だけしか知らなかったのです。

公式HPには以下のように載っています。

 

アイドルマスター』とは、2005 年にアミューズメント施設向けゲーム機からスタートした アイドルプロデュースゲームです。
プロデューサーとしてアイドルを育成するゲームシステムや、個性豊かなキャラクター、楽曲が 多くのお客様に支持を受けています。
これまでに家庭用ゲームソフトをはじめ、ラジオ、テレビアニメ、モバイルコンテンツから ステージイベントまでさまざまなクロスメディア展開をしています。

 

ふおお…2005年からやっていたのか!

というかアーケードだったことも知らなかった…!

 

という有様です。

 

だったのですが、ふと先週の土曜日が完全オフだったので

dアニメストアで配信されている、アイドルマスターのアニメを

見てみることにしました。

 

anime.dmkt-sp.jp

 

1話だけ見てみるか…という気持ちで見始めたのですが

【1話視聴終了】「結構面白いな…2話も見てみるか…」

【2話視聴終了】「765プロがこれから頑張っていくのか…3話も見てみよ」

【3話視聴終了】「初ライブよかったなあ…続きも見よ」

 

 

…結局その日のうちに15話まで見てしまいました(~ ~)

そして日曜日も午前中から見始めて全部見終えるという…

 

いやあ…面白い!1話ごとの構成がしっかりしていて全く飽きなかったんですよね。

20話の千早回なんか号泣ですよ、号泣

 

千早ちゃんが茫然自失となっているときの春香ちゃんのけなげさもウルッときたポイントでした(T T)

昔の弟くんの書いた絵に笑っている自分をきっかけに

ステージで自分を取り戻す千早ちゃんの姿にただただ感無量でした(T T)

 

この回だけはボロボロ泣いてしまいました…

 

 

「アイドルマスター」20話感想 歌声を取り戻した千早が立つステージに光が射す!!(実況&画像) : ポンポコにゅーす

 

ついつい過去のまとめ記事とか読んでしまう始末(~ ~)

 

アニメだけしか見ていませんが、ライブやイベントなどでもアイマスがたくさんのファンにいつも応援されている理由が

少しだけ分かった気がします。

未熟な少女達が夢に向かって努力している姿は、やっぱり応援したくなりますもん。

 

…という訳で今はシンデレラガールズのアニメを見ています。

卯月ちゃんがかわいすぎる…

anime.dmkt-sp.jp

 

まとめ

何でいままで見ていなかったんだろう?と思うほど、はまってしまいました。

無意識に食わず嫌いしていたのかなあ?

 

まだ見ていない皆さんは1話だけでも見た方が良いですよ!

きっと自分のようになります(笑)

 

では~

分かりやすいエラーメッセージはどうやって考えるか?

こんにちは。

 

業務システムを開発する際に、最近思うことは


分かりやすいエラーメッセージはどうやって考えるか?


という事です。

 

プログラマーやSEにだけ分かりやすい文章だと、お客さんが見て意味不明な文章になってしまうので
適当な文章は書けないわけです。

 

今回は、エラーメッセージを考える際の自分なりのポイントを挙げていきます。

 

お客さんが使うときのことを考える

まず、システムはお客さんのためのものです。
お客さんが分からないエラーメッセージを出すことは避けたいものです。

例えば、在庫管理システムで出荷処理を行う際に、在庫数が足りないときのエラーメッセージは


「指定された品目の出荷数量が、在庫数よりも多くなっています。」

 

といったメッセージが適切かなと思われますが、これが


「在庫がありません」

 

だと、お客さんはどうやってエラーメッセージを回避すればいいのかが明確ではありません。


お客さんが見て、すぐにわかるエラーメッセージでないと、ユーザビリティが低くなってしまいます。

 

ステマティックなエラーメッセージを避ける


販売管理システムで、受注登録をしようとしたら


「受注トランザクションにすでに登録されている受注Noのため、DBの主キー違反が発生しました。」


といったメッセージ(こんなメッセージはなかなか見ないと思いますが…)が表示されたら、きっとお客さんは


トランザクションってなに?」「主キーってなに?」


といった疑問を抱くのは当然の事でしょう。
ITの知識が無くても理解できるメッセージを表示することが大切だと思います。

 

誤解を生むようなメッセージを避ける

エラーメッセージでは無いですが、一応。

実際は、特定機能のデータを一括削除するだけなのに


「データをすべて削除します。よろしいですか?」


といったメッセージだと、登録されているすべての機能のデータが削除されてしまうように見えてしまいます。
より正確で、的確なメッセージを心掛けるべきです。

 

まとめ

いかがでしょうか。
自分もメッセージを考えるのは苦手ですが、適切なメッセージを考えられるように
思考のレベルを上げていくように努めていこうと思います。

 

自分は以下の本を読んで、ちょっぴり文章を考えるコツをつかんだように感じます。

 

わかりやすく〈伝える〉技術 (講談社現代新書)

わかりやすく〈伝える〉技術 (講談社現代新書)

 

 


では~

きびきびウォーキング 3日目

こんにちは。

 

足が少しだけ締まってきた気がします。

明日は朝ウォーキングにチャレンジです。

 

では~

きびきびウォーキング 2日目

こんにちは。

 

きびきびウォーキングをやりはじめて2日目ですが

運動後の快感を得られている気がします。

明日以降も無理ない範囲でこなしていきます。

 

では~

mcp 70-411 受験場所がない…

こんにちは。

 

mcpを受けるテストセンターの予定を見てみたら

7月の第三火曜日しか空いている日がない…

もう少し直近で受けられるセンターがないか

探さないと…

MCSAを目指して勉強に努めていこうと思います。

 

では~

きびきびウォーキングをやりはじめる

こんにちは。

 

「世界一やせる走り方」という本を読んで

「きびきびウォーキング」を始めました。

早歩きのことですね。

 

10分歩いたら汗がブワっと出たので

これから少しずつ距離を伸ばしていきます。

 

では~